あとで読む

なぜ当たる!?占いの種類と仕組み

あらゆる方法を利用して、人の心の中や運勢やその人の未来など、私達一般人には直接認識することが出来ないものについての判断や評価などを行うことを占いと言います。

占いの概要

私達人間は、神社で学業の合格祈願をしたり、テレビや雑誌などにある「血液型」や「星座」などによる一日の運勢などのような不確かで不確実なものを頼る傾向にあります。
新年のおみくじなどもそうですがその年の運勢などがピッタリ当たるなどということはほぼありません。
しかし、おみくじで大吉が出れば、嬉しくなり、そのおみくじに書かれていることが現実になればいいと願いますし、凶や大凶などの運勢が絶望的なものを引いてしまうとショックを受けて、おみくじに書いてあることが当たりませんようにと願う人がほとんどだと思います。
このように、人間の本能的なものとして、神頼みや運勢などを信じるまたは信じたいと思う人が大半であると言われています。
そのような人間の嗜好も相まって、様々な年代に人気があるのが「占い」です。

また、この占いには、「血液型占い」や「動物占い」など非常に様々な種類があります。
この占いというものがどのようなものかと言うと、これは、あらゆる方法を利用して、人の心の中や運勢やその人の未来など、私達一般人には直接認識することが出来ないものについての判断や評価などを行うことやその方法自体のことを占いと言います。
また、この占いというのは、他に「卜占」や「占卜」などの名称で呼ばれる場合もあります。
「占いを鑑定する」つまり、占いを実際に行う専門的な人のことを「占い師」や「占い鑑定師」などと呼びます。
この占い師は、占いを依頼する客からは、「先生」と呼ばれることが多いようです。

昔からあることわざに「当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉があるように、この占いという業界は他と異なり、必ず的中しなくてもある程度通用します。
また、このことから食いっぱぐれることがない職種という意味で、占いを外れつまり裏が無い「裏無い」という軽蔑の意味を込めた言葉で書かれることもあるようです。

この占いというものは、「統計」などが深く関係していると言われることもあるようですが一般的には、その占い師独自の理論と経験則がものを言うものであるため、統計などは全く関係無いと考えられています。
実際に、占いというものを科学的な根拠を持って証明出来たことは一度もないという非常に不確定で不安定なものですがそれでも、現在でも人気があり、信じている人も少なくないと言われています。
またこの占いは、ビジネスに用いられることもありますがその中には、「悪徳商法」に利用している人間もいます。
これは、立派な犯罪であり、また「霊感商法」というものに利用されることもあるようです。

このように、占いは不確定なものになっていますがだからこそ、夢や希望があるということもあるため、昔から現在に至るまで、根強い人気があり、特に女子高生など女性には、人気が高くなっています。
しかし、それを逆手に取って悪事に利用されることも少なくないため、信用しすぎるのも危険かもしれません。
Search
Navigation

Copyright (C)2016なぜ当たる!?占いの種類と仕組み.All rights reserved.